江東区のバーでの出会い体験談【工場勤務非リア充の僕でも】

江東区のバーでの出会い体験談【工場勤務非リア充の僕でも】の画像

女性生徒ゆき

工場勤務している方って自分の事を悲観している人多くないですか?
確かにそうかもです。

きりゆー

➡東京23区での新鮮な出会い体験談一覧

 
それでは、今日も元気に授業を始めましょう! (キーンコーンカーンコーン)

女性生徒ゆき

起立、気をつけ、礼。

男性生徒たつや

よろしくお願いします!
 

 

東京都23区の江東区に住む僕がバーで出会いを果たした体験談。僕は現在23歳の工場勤務の独身、ひとり暮らし非リア充だ。

こんな僕がバーで彼女を作れるなんて思ってもいなかった。

 

工場勤務が辛くて、お酒に逃げる為にバーへ

とりあえず簡単に入社できるという理由で地元江東区の工場勤務を選び、僕の地獄の工場勤務生活がスタートしたのは一年前。大学を卒業してまだ社会のことなど1ミリも理解していないひよっこの時だ。

 

今では、お金を稼ぐことの大変さが身にしみている。(早く工場勤務辞めたいw)

 

工場勤務は体力も使うし、人間関係も良好とは言えないので精神的にも辛い。そんな僕はお酒が大好きで良く江東区内の行きつけのバーへ行っていた。(出会いを求めていたというよりも、ただお酒が飲みたかった。酔ったら仕事のことを忘れることができるから。)

 

 

同じバーに通い続けて4ヶ月がたったころ、1人の女性とバーで出会った。話をしていると彼女はペアーズ(Pairs)というマッチングアプリを最近使い始めたらしく、よくマッチングアプリで出会った男性と食事に行っているらしい。

 

「マッチングアプリで出会った男の6割は本気の恋愛をしようとはおもってない!!!」

 

と彼女は声を荒げて言った。僕にはマッチングアプリがどんなものなのかはわからなかったが、話を聞いてほしいのだろうと思い1時間くらい話を聞き続けた。

 

27歳の保育士で、僕のタイプのキレイ系女性だった。

 

話を聞き終わった頃には12時を過ぎており、ベロベロに酔った彼女をこのまま1人で返すわけにはいかないと思い、近くの駅まで送っていった。

 

別れ際に連絡先を渡され、また話を聞いてと言葉を残し彼女は帰っていった。

 

バーで出会いは本当にある!

この後彼女と連絡を取り合い、彼女が江東区の僕家の近くに住んていることが判明!連絡を重ねる内に彼女の事がスキになり、もう一度あのバーで会いましょうと声をかけた。

 

2週間後の金曜の夜10時にあのバーで待ち合わせをし、2時間ほど飲んだ帰り道に僕は思い切って告白した(出会ってから2度目で告白するのはどうかと思うがw)

 

しかし、まー無事にOKをもらうことができお付き合いがスタート

!!??付き合えたんですねw

きりゆー

 

バーで出会えるって話を聞いたことはあったけど、本当に出会えるなんて、、、

 

バーで彼女を作れる理由〜バーは出会いの宝庫〜

きりゆー

バーだと声掛をかけてから仲良くなれる確率は劇的に高いの知ってましたか?

路上でナンパをしようと声をかけてもなかなか相手にしてもらえませんよね。ですが女性はバーに居る時は警戒心が薄れます

 

声のかけ方にもよりますが、90%の確率で声をかけた女性と話ができる。それがバーなのです!

 

※詳しい声のかけ方は、こちらの記事を御覧くださいね🌟➡「バーを出会いの場に変える!ナンパの声掛け最強フレーズ!

バーの出会いのメリット

  • アルコールが入っているので警戒心が薄れる
  • 薄暗いので緊張しない、話しやすい
  • 無視されることがほぼ無い
  • バーの常連になればマスターや他の常連さんから異性を紹介してもらえる
  • 実は出会いを求めてきている女性も多い㊙

本気でバーを出会いの場に変えて彼女を作ってウハウハなハッピーライフを送りたいなら要チェックの記事です➡「バーを出会いの場に変える!ナンパの声掛け最強フレーズ!」

➡その他の東京23区での新鮮な出会い体験談一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です