荒川区のバーでの出会い体験談【バツイチ工場勤務男性】

荒川区のバーでの出会い体験談【バツイチ工場勤務男性】の画像

男性生徒たつや

僕も工場勤務なので、今回の体験談は参考になりそうです。
この20代の恋愛学校でも工場勤務に関する様々な内容を取り上げてきました。今回もたつや君の参考になること間違いなしです。

きりゆー

➡東京23区での新鮮な出会い体験談一覧

 
それでは、今日も元気に授業を始めましょう! (キーンコーンカーンコーン)

女性生徒ゆき

起立、気をつけ、礼。

男性生徒たつや

よろしくお願いします!
 

バツイチの僕は荒川区に住む29歳、工場勤務の冴えない男性だった。趣味はバー巡りで暇さえあればバーに足を運び大好きなお酒を飲み日々のストレスを発散していた。

 

荒川区でバツイチ生活スタート

僕は24歳で結婚して、葛飾区で結婚生活をスタートさせた。幸せ過ぎて死にそうな生活はそう長くは続かなかった。

 

結婚生活1年がたったころ、妻が浮気をしていたことが発覚、怒りの頂点に達した僕は離婚を申し出た。(幸いにもまだ子供もできていなかったので)

 

妻は泣いて誤ってきたが、僕は聞く耳を持たなかった。離婚をし、結婚生活を送った葛飾区から出たいと思い隣の荒川区でひとり暮らしを始めた。

 

バー巡りで偶然の出会い

バツイチでバーで出会った体験談を話しても需要があるかわからないが、似たような境遇の人がもしいるのであれば、バーでも出会えるということを知ってもらいたいので書き記しておきます。

 

離婚して荒川区に引っ越してからはバー巡りを自分のご褒美として日々のきつい工場勤務を耐えることができていた。

男性生徒たつや

工場勤務って女性がいないですから仕事場に癒やしがないですよね・・・w

 

その日も辛い一週間の勤務を終えた金曜日の夜、まだ荒川区にある行ったことのないバーに向かった。そこで出会ったのが中学校の同級生のAちゃんだった。

このAちゃんとは中学2年のころ誕生日が同じということで少し仲良くなり、一緒に下校したりしていた。そして、彼女と久々にこのバーで会った今日は僕たち二人の誕生日だった。

 

僕「えっ!まさかAちゃん??」

Aちゃん「あ!うそ、久しぶり!!」

 

僕たちはお互い誕生日に1人でバーに来ていることを馬鹿にしあい、なんだかんだ4時間位一緒に飲んで話して、時間は12時を回っていた。

 

彼女も現在荒川区に住んでいるそう、この4時間という時間で僕は色っぽくなった彼女に惚れてしまっていた。

 

同じ誕生日の人と誕生日に地元でもない荒川区のバーで偶然出会うなんて運命と思った笑

 

バツイチの僕の事も受け入れてくれる彼女と付き合い結婚するまではそんなに時間はかからなかった。彼女とお付き合いできた日にはバー巡りが趣味でよかったと心から思った。

異性と出会える最高の趣味ですね笑

きりゆー

 

バーで彼女を作れる理由〜バーは出会いの宝庫〜

きりゆー

バーだと声掛をかけてから仲良くなれる確率は劇的に高いの知ってましたか?

路上でナンパをしようと声をかけてもなかなか相手にしてもらえませんよね。ですが女性はバーに居る時は警戒心が薄れます

 

声のかけ方にもよりますが、90%の確率で声をかけた女性と話ができる。それがバーなのです!

 

※詳しい声のかけ方は、こちらの記事を御覧くださいね🌟➡「バーを出会いの場に変える!ナンパの声掛け最強フレーズ!

バーの出会いのメリット

  • アルコールが入っているので警戒心が薄れる
  • 薄暗いので緊張しない、話しやすい
  • 無視されることがほぼ無い
  • バーの常連になればマスターや他の常連さんから異性を紹介してもらえる
  • 実は出会いを求めてきている女性も多い㊙

本気でバーを出会いの場に変えて彼女を作ってウハウハなハッピーライフを送りたいなら要チェックの記事です➡「バーを出会いの場に変える!ナンパの声掛け最強フレーズ!」

きりゆー

参考までに紹介します➡バツイチ関連の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です